第30回 人工知能学会全国大会に参加

6/6~6/9の期間に北九州国際会議場にてにて開催された「2016年度 人工知能学会全国大会」にて,M2の山中,D1の二瓶,そして高瀬先生が発表しました.

M2の門野と眞鍋は就活で発表できませんでした.残念です.

発表の詳細は以下の通りです.

  • 山中 俊貴,高瀬 裕,中野 有紀子,発話の韻律情報と頭部移動情報に基づく会話態度評価値予測モデルの有用性評価,4D1-3.
  • 二瓶 芙巳雄,高瀬 裕,中野 有紀子,意思決定型議論における非言語情報に基づく重要発言の推定,3F4-3.
  • 高瀬 裕,吉田 友弥,土肥 祥子,中野 有紀子,酒井 伸隆,安田 清,アニメーションエージェントとの同行を通した歩行トレーニングシステムの提案,1G3-4in1.
  • 門野 友城,高瀬 裕,中野 有紀子,画像データに基づく図像的ジェスチャの自動生成,2D4-2,
  • 眞鍋 麟太郎,高瀬 裕,西村 良太,中野 有紀子,PRINTEPSにおけるロボット喫茶店の注文時ユーザモデリングの実現,4C4-4
カテゴリー: 研究室

11th ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction に参加

3/7~3/10の期間にアメリカ・ニュージーランドで開催された”The Eleventh ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI 2016)”において,修士1年の門野と眞鍋,山中が発表しました.

発表の詳細は以下です.

  • Yuki Kadono, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2016. Generating Iconic Gestures based on Graphic Data Analysis and Clustering. In The Eleventh ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI ’16). IEEE Press, Piscataway, NJ, USA, 447-448.
  • Rintaro Manabe, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2016. User Modeling and Reception Interaction by Service Robots. In HRI2016 workshop on the challenge (not) to go wild! Challenges and best practices to study HRI in natural interaction settings. HRI2016 NJ, USA.
  • Toshiki Yamanaka, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2016. Assessing the Communication Attitude of the Elderly using Prosodic Information and Head Motions. In The Eleventh ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI ’16). IEEE Press, Piscataway, NJ, USA, 539-540.
カテゴリー: 国際会議

2015年度 卒論発表

本研究室の学部4年生が研究成果を発表しました.

カテゴリー: 研究室

2015年度 修論発表

本研究室の5名の修士2年生が,修論審査会にて発表を行いました.

カテゴリー: 研究室

第29回 人工知能学会全国大会に参加

5月30日から6月2日にはこだて未来大学にて開催された「2015年度 人工知能学会全国大会」にて,高瀬先生とM2の田村,吉野とM1の門野が発表しました.
発表の詳細は以下の通りです.

  • 高瀬 裕,桑原 奈央,中野 有紀子: 「砂遊びを通したインタラクティブな地図記号学習支援システムの提案」, 1N3-3(2015年5月)
  • 田村 吉宏,鶴崎 泰斗,高瀬 裕,中野 有紀子:「Wikipediaを用いた質問応答と多肢選択問題による歴史学習」, 1N2-2(2015年5月)
  • 吉野 尭,八城 美里,高瀬 裕,中野 有紀子:「会話エージェントによる優位性推定に基づくグループ会話への介入」,1I4-4(2015年5月)
  • 門野 友城,高瀬 裕,中野 有紀子:「隠喩的ジェスチャの分析とジェスチャ自動付与に向けた検討」, 3D4-4(2015年5月)
カテゴリー: 国内会議

第3回 知的インタフェース研究室OB会

本研究室から卒業されたOBとOGの方々を迎えた,OB会が開催されました.
沢山の卒業生の方にお集まりいただき,非常に賑やかな会となりました.
今回参加いただけた方,またご都合が会わなかった方も,次回お会いできることを楽しみにしております.

写真はOB会終了後に撮影した写真です.みなさんピースが決まっています.
また,内部ページに高画質のものを用意しておきました.

 

カテゴリー: 研究室

第77回 情報処理学会全国大会に参加

3月17日から19日に京都大学吉田キャンパスで開催された「第77回情報処理学会全国大会」で,M1の鈴木,田村,塚田,二瓶,吉野が発表しました.
発表の詳細は以下の通りです.

  • 鈴木伶央,高瀬 裕,中野有紀子: 「ARショーウィンドウ -店内情報に応じた動的な商品情報の提示-,1ZA-06 (2015年3月)
  • 田村吉宏,高瀬 裕,中野有紀子: 「Wikipediaを用いた選択肢付き問題の生成手法,2N-07 (2015年3月)
  • 塚田一史,高瀬 裕,中野有紀子: 「高齢者が好む話題の選択と遷移を行う会話エージェント,5R-01 (2015年3月)
  • 二瓶芙巳雄,中野有紀子,林 佑樹,黄 宏軒,岡田将吾: 「発話情報と頭部移動情報に基づく議論における影響力のある発言の予測,2N-01 (2015年3月)
  • 吉野 尭,高瀬 裕,中野有紀子: 「優位性と参与役割に基づく視線制御モデルのコミュニケーションロボットへの応用,2N-02 (2015年3月)
カテゴリー: 国内会議

10th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction に参加

3月2日から5日の期間にアメリカ・ポートランドで開催された”10th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction ( HRI 2015 )”において,修士1年の塚田と吉野が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

  • Takashi Yoshino, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2015. Controlling Robot’s Gaze according to Participation Roles and Dominance in Multiparty Conversations. In Proceedings of the Tenth Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Extended Abstracts (HRI’15 Extended Abstracts). ACM, New York, NY, USA, 127-128.
    DOI=10.1145/2701973.2702012
  • Kazufumi Tsukada, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2015. Selecting Popular Topics for Elderly People in Conversation-based Companion Agents. In Proceedings of the Tenth Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Extended Abstracts (HRI’15 Extended Abstracts). ACM, New York, NY, USA, 93-94. DOI=10.1145/2701973.2702015
カテゴリー: 国際会議

The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactionsに参加

2月22日から27日の期間にポルトガルのリスボンで開催された”The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions ( ACHI 2015 )”において,修士1年の鈴木が発表しました.

発表の詳細は 以下の通りです.

  • Reo Suzuki, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. Intelligent Shop Window – Producing Dynamic Situated Augmented Reality using a Large See-through Screen- In Proceedings of The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI 2015). pp. 92-95, 2015.
カテゴリー: 国際会議

修論発表

本研究室の修士2年が修論審査会にて発表を行いました.

カテゴリー: 研究室