中野有紀子教授のインタビューがAERA dot.に掲載されました

成蹊大学は、朝日新聞デジタルとAERA dot.とのコラボで、「吉祥寺と成蹊大学」をテーマに、シリーズで記事を掲載しています。第6弾である今回は、理工学部 中野 有紀子教授のインタビューを公開しました。
AERA dot.記事はこちら(外部リンク)

カテゴリー: 研究室 | 中野有紀子教授のインタビューがAERA dot.に掲載されました はコメントを受け付けていません。

ヒューマンコミュニケーション基礎研究会に参加

3月13日から14日の期間に仙台で開催された「ヒューマンコミュニケーション基礎研究会」において,学部4年の田口が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

田口和佳奈,二瓶芙巳雄,深澤伸一,赤津裕子,高瀬裕,中野有紀子.2018.非言語モダリティのデフォルメーションを通した多人数遠隔コミュニケーションコーパス.信学技報,vol. 117,no. 509,HCS2017-104,pp. 65-70,2018年3月.

カテゴリー: 国内会議 | ヒューマンコミュニケーション基礎研究会に参加 はコメントを受け付けていません。

SymCollab 2018に参加

3月11日に東京で開催された”IUI Workshop on Symbiotic Interaction and Harmonious Collaboration for Wisdom Computing 2018 (SymCollab 2018)“において,修士1年の冨山が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

Ken Tomiyama, Fumio Nihei, Yukiko Nakano and Yutaka Takase. 2018. Identifying Discourse Boundaries in Group Discussions using a Multimodal Embedding Space.

カテゴリー: 国際会議 | SymCollab 2018に参加 はコメントを受け付けていません。

HCGシンポジウム2017「特集テーマセッション賞」を受賞

12月13日~15日に金沢で開催された「HCGシンポジウム2017」において,修士2年の清水さんが発表し,ソーシャル・イメージングセッションにおける「特集テーマセッション賞」を受賞しました!

清水 瑠璃果,高瀬 裕,中野 有紀子.2017.注視誘導によるアンビエントなコミュニケーション支援システム.A-2-4.

カテゴリー: 国内会議, 研究室 | HCGシンポジウム2017「特集テーマセッション賞」を受賞 はコメントを受け付けていません。

実験参加者募集

実験参加者を募集しています.
1時間半ほど簡単な会話をしていただければ2000円お支払いします.
詳しい日程や内容は以下の通りとなっています.
参加可能な方は参加方法に従って応募してください.

受付期間は12/20(水)までとなります.
また,質問のある方は気軽にお問い合わせ先のメールアドレスへご連絡ください.

日程

12/20(水)~22(金)(土日を除く)
各日:2~5限の中の1コマ

場所

成蹊大学12号館

実験内容

3人グループである題目について会話していただきます.
※応募は1人から可能です.

応募条件

大学生・大学院生の方

時間・アルバイト料

1時間半で2000円

参加方法

1.iui.exp.8@gmail.com へ空メールをお送りください.(参加が決定します)
2.返信されたメールに従い,入力フォームへアクセスしてください.
3.入力フォームへの記入をお願い致します.
4.参加していただく日程を後日お送り致します.
※30分以内にメールが返信されない場合は下記お問い合わせ先のメールアドレスまでご連絡ください.
※参加希望日の応募人数によってはご参加頂けない場合があります.

お問い合わせ先

成蹊大学情報科学科知的インタフェース研究室
iui.exp.info@gmail.com
(実験用のメールアドレスになります.実験に関するメール以外には返信できません.)

 

カテゴリー: 研究室 | 実験参加者募集 はコメントを受け付けていません。

19th ACM International Conference on Multimodal Interactionで論文発表

11月13日から17日の期間にグラスゴーで開催された”19th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2016)”において,博士2年の二瓶が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

Fumio Nihei, Yukiko I. Nakano, and Yutaka Takase. 2017. Predicting meeting extracts in group discussions using multimodal convolutional neural networks. In Proceedings of the 19th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2017).

カテゴリー: 国際会議 | 19th ACM International Conference on Multimodal Interactionで論文発表 はコメントを受け付けていません。

ubicomp 2017でポスター発表

9/11~15の期間にアメリカのハワイで開催された”The 2017 acm international joint conference on pervasive and ubiquitous computing (ubicomp 2017)“において,修士2年の清水が発表しました.

発表の詳細は 以下の通りです.

Rurika Shimizu, Yutaka Takase, and Yukiko I Nakano. 2017. Audio based group conversation support system. In Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp ’17).

カテゴリー: 国際会議 | ubicomp 2017でポスター発表 はコメントを受け付けていません。

第31回人工知能学会に参加

5月23日から26日の期間に名古屋で開催された「2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)」において,修士1年の曽と冨山が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

曽 傑,高瀬 裕,中野 有紀子.2017.対象物の特徴や機能に関する知識を獲得する対話システム.3B2-2.
冨山 健,高瀬 裕,中野 有紀子.2017.議論中の言語・非言語情報に基づく発散的/収束的発話の識別.2H4-OS-35b-5.

カテゴリー: 研究室 | 第31回人工知能学会に参加 はコメントを受け付けていません。

ヒューマンコミュニケーション基礎研究会に参加

5月16日から17日の期間に沖縄で開催された「ヒューマンコミュニケーション基礎研究会」において,修士2年の清水が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

清水 瑠璃果,高瀬 裕,中野 有紀子.2017.指向性スピーカーを用いた注視行動誘導による議論支援システム.信学技報,vol. 117,no. 29,HCS2017-31,pp. 199-204,2017年5月.

カテゴリー: 国内会議 | ヒューマンコミュニケーション基礎研究会に参加 はコメントを受け付けていません。

2016年度 卒論発表

本研究室の学部4年生が研究成果を発表しました.

カテゴリー: 研究室 | 2016年度 卒論発表 はコメントを受け付けていません。