18th ACM International Conference on Multimodal Interactionに参加

11月12日から16日の期間に東京で開催された”18th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2016)“において,博士1年の二瓶が発表しました.

本研究室の教授である中野先生はこの会議のgeneral chairの一人であったため,気苦労が絶えないご様子でした.
ボランティアとして会議の実行に参加した学生も,それぞれ貴重な体験ができたことでしょう.

発表の詳細は 以下の通りです.

Fumio Nihei, Yukiko I. Nakano, and Yutaka Takase. 2016. Meeting extracts for discussion summarization based on multimodal nonverbal information. In Proceedings of the 18th ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI 2016).

This entry was posted in 国際会議. Bookmark the permalink.