第28回 人工知能学会全国大会に参加

5月12日から15日に愛媛県ひめぎんホールにて開催された「第28回人工知能学会全国大会」で,M1の鈴木,田村,塚田,二瓶とM2の高橋,そして中野研OBの斉藤さんと林先生が発表しました.
発表の詳細は以下の通りです.

  • 鈴木 伶央,林 佑樹,中野 有紀子: 「ユーザ視点に基づく透過型拡張現実インタフェース」, 第28回人工知能学会全国大会,3E3-2 (2014年5月)
  • 田村 吉宏,山内 崇資,林 佑樹,中野 有紀子: 「Wikipedia記事情報に基づく歴史学習問題の自動生成手法」, 第28回人工知能学会全国大会,3D4-2in (2014年5月)
  • 塚田 一史,山内 崇資,林 佑樹,中野 有紀子:「ユーザ応答の言語・非言語情報に応じた語りかけエージェントによる対話制御 」,第28回人工知能学会全国大会,2M5-OS-20b-1 (2014年5月)
  • 二瓶 芙巳雄、林 佑樹、中野 有紀子:「グループディスカッションにおける議論状態の変化の検出」,第28回人工知能学会全国大会,4B1-2 (2014年5月)
  • 野中 裕子,高橋 明秀,林 佑樹,中野 有紀子「発話中の非言語情報に基づく認知症高齢者の状態把握 」,第28回人工知能学会全国大会,2H3-NFC-04a-3 (2014年5月)
  • 齋藤直子,岡田将吾,新田克己,林佑樹,中野 有紀子:「音声対話エージェントを利用した認知症患者の状態把握支援の試み」,第28回人工知能学会全国大会,2M4-OS-20a-3(2014年5月)
  • 林 佑樹,森田 遥,中野 有紀子:「協調学習インタラクションにおける非言語特性に基づく協調的態度の分析」,1M3-1(2014年5月)

 

 

This entry was posted in 国内会議. Bookmark the permalink.