第3回 知的インタフェース研究室OB会

本研究室から卒業されたOBとOGの方々を迎えた,OB会が開催されました.
沢山の卒業生の方にお集まりいただき,非常に賑やかな会となりました.
今回参加いただけた方,またご都合が会わなかった方も,次回お会いできることを楽しみにしております.

写真はOB会終了後に撮影した写真です.みなさんピースが決まっています.
また,内部ページに高画質のものを用意しておきました.

 

カテゴリー: 研究室 | 第3回 知的インタフェース研究室OB会 はコメントを受け付けていません。

第77回 情報処理学会全国大会に参加

3月17日から19日に京都大学吉田キャンパスで開催された「第77回情報処理学会全国大会」で,M1の鈴木,田村,塚田,二瓶,吉野が発表しました.
発表の詳細は以下の通りです.

  • 鈴木伶央,高瀬 裕,中野有紀子: 「ARショーウィンドウ -店内情報に応じた動的な商品情報の提示-,1ZA-06 (2015年3月)
  • 田村吉宏,高瀬 裕,中野有紀子: 「Wikipediaを用いた選択肢付き問題の生成手法,2N-07 (2015年3月)
  • 塚田一史,高瀬 裕,中野有紀子: 「高齢者が好む話題の選択と遷移を行う会話エージェント,5R-01 (2015年3月)
  • 二瓶芙巳雄,中野有紀子,林 佑樹,黄 宏軒,岡田将吾: 「発話情報と頭部移動情報に基づく議論における影響力のある発言の予測,2N-01 (2015年3月)
  • 吉野 尭,高瀬 裕,中野有紀子: 「優位性と参与役割に基づく視線制御モデルのコミュニケーションロボットへの応用,2N-02 (2015年3月)
カテゴリー: 国内会議 | 第77回 情報処理学会全国大会に参加 はコメントを受け付けていません。

10th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction に参加

3月2日から5日の期間にアメリカ・ポートランドで開催された”10th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction ( HRI 2015 )”において,修士1年の塚田と吉野が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

  • Takashi Yoshino, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2015. Controlling Robot’s Gaze according to Participation Roles and Dominance in Multiparty Conversations. In Proceedings of the Tenth Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Extended Abstracts (HRI’15 Extended Abstracts). ACM, New York, NY, USA, 127-128.
    DOI=10.1145/2701973.2702012
  • Kazufumi Tsukada, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. 2015. Selecting Popular Topics for Elderly People in Conversation-based Companion Agents. In Proceedings of the Tenth Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Extended Abstracts (HRI’15 Extended Abstracts). ACM, New York, NY, USA, 93-94. DOI=10.1145/2701973.2702015
カテゴリー: 国際会議 | 10th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction に参加 はコメントを受け付けていません。

The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactionsに参加

2月22日から27日の期間にポルトガルのリスボンで開催された”The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions ( ACHI 2015 )”において,修士1年の鈴木が発表しました.

発表の詳細は 以下の通りです.

  • Reo Suzuki, Yutaka Takase, and Yukiko I. Nakano. Intelligent Shop Window – Producing Dynamic Situated Augmented Reality using a Large See-through Screen- In Proceedings of The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI 2015). pp. 92-95, 2015.
カテゴリー: 国際会議 | The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactionsに参加 はコメントを受け付けていません。

修論発表

本研究室の修士2年が修論審査会にて発表を行いました.

カテゴリー: 研究室 | 修論発表 はコメントを受け付けていません。

卒論発表

本研究室の学部4年生が1年半の研究成果を発表しました.
発表後の質疑応答に皆さん戦々恐々としていましたが,立派に発表してくれました.
ここで発表されたいくつかの内容は今後の学会で発表される予定です.
写真は発表後に集まって撮った集合写真です.

カテゴリー: 研究室 | 卒論発表 はコメントを受け付けていません。

16th ACM International Conference on Multimodal Interactionに参加

11月12日から16日の期間にイスタンブールで開催された”16th ACM International Conference on Multimodal Interaction ( ICMI 2014 )”において,修士2年の二本柳と修士1年の二瓶が発表しました.
発表の詳細は 以下の通りです.

  • Sakiko Nihonyanagi, Yuki Hayashi, Yukiko I. Nakano: “Analyzing Co-occurrence Patterns of Nonverbal Behaviors in Collaborative Learning”, Proc. of the 7th workshop on Eye gaze in intelligent human machine interaction, pp. 00-00. 2014.
  • Fumio Nihei, Yukiko I. Nakano, Yuki Hayashi, Hung-Hsuan Hung, Shogo Okada: “Predicting Influential Statements in Group Discussions using Speech and Head Motion Information”, Proc. of 16th International Conference on Multimodal Interaction. 2014.
カテゴリー: 国際会議 | 16th ACM International Conference on Multimodal Interactionに参加 はコメントを受け付けていません。

B3歓迎会

研究室に新しく参加した学部三年生の歓迎会を行いました.
これから協力しあってがんばっていきましょう.

カテゴリー: 研究室 | B3歓迎会 はコメントを受け付けていません。

第13回 情報科学技術フォーラム(FIT2014)に参加

2014年9月3日から5日に筑波大学で開催された第13回 情報科学技術フォーラム(FIT2014)でM1の吉野君が発表しました.

発表の詳細は以下の通りです.

  • 吉野 尭,林 佑樹,中野 有紀子:多人数会話における参与役割を考慮したコミュニケーションロボットの視線制御,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014),J-015 (2014年9月)
カテゴリー: 研究室 | 第13回 情報科学技術フォーラム(FIT2014)に参加 はコメントを受け付けていません。

研究室合宿2014

研究室で交流とB4の中間発表練習のために合宿を開催しました.
寄木細工によるコースター作りにみんな夢中でした.

カテゴリー: 研究室 | 研究室合宿2014 はコメントを受け付けていません。