研究内容

人とコンピュータとのより自然なインタラクションを目指し,ジェスチャ,視線,表情を用いたコミュニケーションを実現する知的なインタフェースの研究に取り組んでいます.

  1. 言語・非言語データの統計的分析の基づくマルチモーダルコミュニケーションのモデル化
  2. 会話ができる知的なアニメーションキャラクタやロボットを実現するための人工知能研究
  3. 言語・非言語情報に基づく会話参加者の特徴認識技術
  4. 人間の行動データに基づくユーザインタフェースの評価手法

グループ討論コミュニケーションスキルの評価と改善支援

言語・非言語情報からグループディスカッションにおける各参加者の参加態度,リーダーシップ力,性格特徴等を推定する手法を提案するとともに,グループディスカッションのスキル向上を支援する技術への応用を検討しています.

多人数対話対応会話エージェント

複数人ユーザ対会話エージェントとのインタラクションにおいて, 受話者を推定することにより,話しかけられたときだけ適切に応答するエージェントを実現しました.また,ユーザが3人である時,音声と顔向きの情報から,会話における優位性の高い人を推定する機構を実現しました.これらの研究をさらに発展させ,グループ会話に参加できるエージェントの実現を目指しています.

ユーザの態度に気づく会話エージェント

アイトラッカにより得られたユーザの視線情報から, ユーザがエージェントとの会話に積極的に取り組んでいるか否かを推定し, ユーザの会話参加態度に応じて,エージェントの会話ストラテジを効果的に自動変更することができる会話エージェントを開発しました.評価実験の結果,ユーザの会話参加態度が積極的でなくなった時にエージェントが問いかけを行うことにより,参加態度に変化がみられることがわかりました.

異文化コミュニケーションを支援する会話エージェント

対人距離,姿勢,視線の利用などに注目しながら, コミュニケーション行動の文化的な違いを統計的な手法によりモデル化し, 言語・文化に応じた会話エージェントの動作を自動的に決定する機構の研究・開発を進めています.

[EU FP7プロジェクト eCUTE]
ドイツ アウグスブルグ大学との共同研究]

高齢者のための語りかけエージェント

日常的な質問をすることにより,高齢者に語りかけ,高齢者の話に傾聴するエージェントを開発しました.このエージェントは高齢者の話し相手となるだけでなく,話し方などの非言語情報から認知症高齢者の健康状態や精神状態の把握を行うことを目指しています.

[千葉労災病院,京都工繊大との共同研究]

ロボットを用いたコミュニケーション

コミュニケーションロボットを用いて,人とコンピュータの円滑なコミュニケーションを 支援するシステムの研究・開発を行なっています.
写真左はNAO,右はRobovie-R3.